細葉大輪:AQUARIUM

アクア歴は5年くらい。ただブランク明けで、20cmキューブから、我慢できず30cmキューブに移行したところです。水草を綺麗に育てたい。

ドギツイ

f:id:yoshioka89:20180526211341j:plain

iPhoneが割れたので、機種変更しました。

その影響か、ドギツイ色合いになっています。

でも、調子は良く、1本からでも安心して増やせる水槽になっています。

そして、ルドウィジア キューバ 斑入り が復活しました!

再度購入しました。中景で同種の密植がポイントかなと思っています。

f:id:yoshioka89:20180526211350j:plain

もう一本はアオミドロ地獄です。

リセットや、半リセットをすれば早く方が付くと思います。

でも、水替えのタイミングで少し改善傾向がみられたので、追肥せずにもう少し粘ってみます。

トリミングが差戻しの水草ばかりなので、成長してくれれば反転するはずです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

赤い

水槽が全体的に赤いです。

本当に赤い水草も、今では普通になりましたね。

f:id:yoshioka89:20180505210128j:plain

こちらの水槽はまずまず順調です。

アフィオセミオンの卵が無造作に転がっているのがなんとも。

(黄色い粒は卵ではなくアクアフローラです)

f:id:yoshioka89:20180505210357j:plain

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

水草の最小単位は1本

一つ弄り始めると色々と気になってくるもので、もう一つの水槽も模様替えしました。

お店や写真の大型水槽の例などを見ていると、水草は束で扱わなければいけない、みたいな頭になっていました。

でも、水草は1本が最小単位で、隣り合って違う草を並べて良いし、違う所に同じ種類を散らばせても良い。

ただ、成長速度やトリミングの仕方を注意して草同士の力関係に気を付けないといけません。

それを踏まえても、小型水槽でも多くの種類を入れられ、小回りが利くので水槽も広く使えます。

まあ、作ったのは筑前煮的な水景で、水草も足りていないです。

奥から、キューバルドとディディプリスを引っ張り出してきました。

右前は、ハイグロフィラ クアドリバルビス "アップルレッド"のスイッチが入るまで我慢です。

節一つから、なんとか維持して背だけ高くなっています。サイアミが重くて葉が取れています。

before

f:id:yoshioka89:20180430212501j:plain

after

f:id:yoshioka89:20180503211102j:plain 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

CO2分岐とガス漏れ

水草水槽で比較的高価なのは、照明と電磁弁だと思います。

30cmキューブが2本に増えたとき、暫くはCO2無しでやっていましたが、照明はほぼMAXの環境なのに、水草を全力で育てられないのは面白みに欠けたので、分岐して添加を始めました。

電磁弁の後で分岐は決めていました。

最初は単純にエア用の分岐を使って、2本くらい無駄にしました。当然ですが、エア用は漏れるので、CO2には使えませんでした。

CO2用の分岐を導入し、片側にレギュレータとカウンタを入れました。

が、量の調整が難しく、試行錯誤しました。

基本的には、拡散器側からの圧力が同じでないと、片側に集中してしまいます。

まず、拡散器を同じものに揃えました。

それでも揃わない。拡散器が苔ると圧力は変わります。

また、CO2が出始めるまでは圧力が高く、出始めると下がるので、そのタイミングが少し長くなると、出なかった側は次の開閉までお預けです。

逆流防止弁はあまり役に立ちません。

結果として、CO2の量を少し多目に合わせておいて、片方だけ完璧に添加し、もう片方は出てれば良しとしました。

小型ボンベの場合は、素直にもう一つ付けた方が楽だと思います。

 

2本に添加しているので、CO2がそれなりに減っていき、交換も増えるわけですが、ある晩いきなりプシュッーと音がして漏れ出しました。

原因はOリングが少しずれていて、CO2が漏れ出し、Oリングがますます収縮し、室温が少し寒くなったときに限界を迎えたようです。

Oリング交換で復活しました。

しかし、咄嗟に漏れ始めたガスを手で抑えたので、手は低温火傷でズタボロになりました。

普段気にしていませんでしたが、高圧ボンベは取り扱い注意です。

因みにこの事故は2回やっており、2回目は締め付け直すことは諦め、すぐに換気を始めました。

死にたくはないです。水槽のある部屋で寝ているので、ミドボンを置けないのも、ガス漏れが怖いからです。

だから、大型水槽欲しいけど、引っ越しが先です。

f:id:yoshioka89:20180312203703j:plain

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

 

配置換え

メンテ後、少し配置換えしました。

ロタラ マクランドラは前も育てたことがありますが、ピンチカットより差し戻しの方が、綺麗に維持できそうです。

 f:id:yoshioka89:20180429213213j:plainf:id:yoshioka89:20180429213203j:plainf:id:yoshioka89:20180429213122j:plain

リスノシッポ メキシカーナは、赤い茎に薄緑の葉になっています。

緑の細葉は、マツモとかのイメージもあるので、赤い茎を維持してほしいです。

ロタラ sp ベトナムレッドの葉が短いタイプですね。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

定期メンテ後

水換え、トリミング、追肥しました。

こちらの水槽は、先週トニナをバッサリ刈ったので、糸状苔とギリギリの攻めぎ合い。苔取り生体が落ちずに、餌をやり過ぎなければ、より綺麗になるはず。

f:id:yoshioka89:20180421225504j:plainf:id:yoshioka89:20180421225406j:plain

こちらは、カージナルテトラを導入。カージナルテトラの繁殖挑戦には環境が足りないはず。まずは、低pHで、餌ブライン、水草もさもさ環境でどう育つか楽しんでみよう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

インボイスの水草たち

インド便のロタラ ロトンデイフォリア各種の現状です。どれも元気。

ロタラ ロトンデイフォリア ピンクです。ピンクは、ネットの情報だと緑のままみたいですね。赤じゃないよって意味でピンクでしょうか。水上葉はがっつり色が入っていました。グリーンロタラより少し葉が小さめです。

f:id:yoshioka89:20180414183645j:plain

ロタラ ロトンデイフォリア トワイライトです。若干、茶っぽい色が入ってきました。

f:id:yoshioka89:20180414183650j:plain

ロタラ sp スパイキーです。多分、葉の形がスパイクみたいな三角形だからの呼び名でしょう。緑です。

f:id:yoshioka89:20180414183657j:plain

ロタラ ロトンデイフォリア オレンジです。全体的に微妙に茶系に色が変わってきた感じはします。気のせいかもしれません。

f:id:yoshioka89:20180414183706j:plain

比較対象は、グリーンロタラです。元気ですね。グリーンロタラも、種類的にはロトンデイフォリアなのですね。

f:id:yoshioka89:20180414183809j:plain

インボイス水草の続報ってほぼない気がします。きっと、凄いやつは別名でどっさり増やされてやってくるからですかね。私は今のところ、水面までか、何本かになるまでは記録してみようと思います。

最後は、1年くらい前から育てているルドウィジア ナタンス 斑入です。ナタンスって何くらいに色が付いていますが、綺麗で、斑も維持しています。成長はかなり早く、底床付近でもどんどん増えます。

f:id:yoshioka89:20180414184007j:plain


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村